筋出力と柔軟性

良く質問される内容があります。

「筋肉をつけるのがいいのか? 柔軟性を向上させるのがいいのか?」

日常生活においての動作(起立動作・歩行・階段昇降・荷物を持つ・・・)やスポーツ競技(相手とコンタクトする・バッティング・シュートをうつ・走る・投げる・ジャンプ・・・)など体を動かす際に筋肉を使って体を動かします。

・立ち上がるのがしんどいから、もっと楽に立ち上がれるように。
・歩くときにふらつきが出るから、もっと安定して歩きたい。
・階段の昇り降りがしんどいから、もっと楽に階段昇降がしたい。
・スポーツで相手に当たり負けしない体にしたい。
・もっと早く走れるようになりたい。
・もっと遠くに飛ばせるようになりたい

など個人により要望が違いますが多くの方が聞かれるのが上記の質問です。
「筋肉をつけるのがいいのか? 柔軟性を向上させるのがいいのか?」

そこで今回は一側面から筋力と柔軟性について記載させて頂きます。
技術(skill)・環境・神経的な要因は、今回は割愛させていただきます。

筋出力と柔軟性

良く清原選手とイチロー選手を比較して筋力と柔軟性のどちらが重要かという話をする方もいらっしゃいます。

結論から言いますと、両方必要です。

運動の第3法則(作用・反作用の法則)によると

Fa(作用) = − Fb(反作用)
Fa(作用) + Fb(反作用) = 0

という公式で表されます。
すなわち出力した力と同じだけの力が体に返ってきます。

言い換えると、返ってきた反作用力を吸収できるだけの出力しか体は出来ないという事です。

では反作用力をどこで吸収するのか、それは全身の筋肉・骨・臓器・靭帯・・・です。
その中でも荷重の支持や衝撃吸収において筋肉・骨・関節が重要になります。

硬い木は台風の風などで倒れてしまいますが、竹の様に柔らかく、しなりのある物は衝撃に対して適応しています。
体も硬い体よりは柔軟性の高い体は衝撃吸収に適しています。

その為には
・各関節の適合性を整える
・柔らかい筋肉にする
・全身の関節を柔らかくする
必要があります。

もちろん、柔らかい体だけでは筋力は増えないので、筋力を増強する必要もあります。

結果、筋出力と柔軟性は切っても切れない関係にあると考えます。

筋力増強をするためにも反作用を吸収できる良い身体環境で行った方が効率的です。

筋力強化やパフォーマンス向上を願う方も鍛えるだけでなく、柔軟性のある楽に動ける体にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

つなぎは
動作を楽にするため、パフォーマンス向上のため、筋トレ前に
楽に動ける、動きやすい身体環境を提案します。

  • 鹿児島実業軟式野球部のサポート
  • 軟式野球部 鹿児島県大会 優勝
  • 宮崎からスポーツコンディショニングの依頼
  • 宮崎からアメフト選手が来店
  • 鹿児島大学アメリカンフットボール部のサポート
  • テーピング指導
おすすめの記事
姿勢
もうすぐ母の日ですね お母様への普段の感謝の気持ちや、頑張る自分へのご褒美にコンディショニングで姿勢調整を行ってみてはいかがでしょうか? あ...
スポーツサポート
今日は鹿児島県でも最大級のイベント鹿児島マラソンです。 皆さん、鹿児島マラソンに向けてトレーニングを行い、コンディショニングをされていた方が...
身体メンテナンス
今日から9月に入り、お子様が始業式という方も多いのではないでしょうか? 8月は祭り・帰省・海や山へのレジャー・旅行などイベントの多い1ヶ月だ...
スポーツサポート
試合会場への出張テーピング 今日は開店前に出張テーピング 1週間前に捻挫をされ、当店でコンディショニングを行った方から昨日依頼を受けてママさ...
スポーツサポート
鹿児島実業高校の軟式野球部のトレーナーとして大分県で行われた九州大会に帯同してきました。 結果は決勝戦で惜しくも敗れたものの九州2位という成...
身体メンテナンス
早いもので1年が終わろうとしていますね。 この時期になると正月・忘年会・新年会・同窓会・クリスマス・・・・・ 飲み会やイベントの嵐。 あなた...